『現役時代から変わらないのは、フェンシングを普及させたい、という強い思い。』太田 雄貴 × 新井 祐子

五輪をめざすことは、当たり前のことだった
新井 現役時代の太田さんはアテネ五輪から4大会連続出場し、北京五輪では日本人初の銀メダル、ロンドン五輪では団体で銀メダルを獲得されました。現在は日本フェンシング協会会長としてご活躍中ですが、フェンシングとどのように出会いましたか。
太田 フェンシングを始めたのは、小学生の頃に父に勧められたからです。当初は「仕方なくやる」状態でしたが、勝つことが好きだったのでかなり練習をしました。同時に私が優勝することで父や周りから褒められ、勝つ喜びを体感していきました。
新井 太田さんは、学生時代から数多くの大会で成績を残されてきました。そのすごさを私が体感したのは、練習試合のときです。まったく歯が立たなかった記憶があります。
太田 あのときは新井さんが社会人で、私が中学生ではなかったでしょうか。当時、「新井さんは強い」との評判でした。実際に対戦してみると、新井さんは男子スタイルのフェンシングでしたので攻略がしやすく、とても楽しく対戦させていただきました。
新井 その後も躍進し続け、五輪2大会で銀メダル獲得という偉業を成し遂げられました。太田さんにとって五輪とはどんな存在ですか。
太田 五輪をめざすのは、私には当たり前のことでした。メダリストになれば、フェンシングを詳しく知らない人達からも注目されます。競技人口の少ないフェンシングをもっと知ってもらうためには、メダルの獲得は必要不可欠だと思っていました。
新井 私の場合、五輪は目標というより憧れでした。さまざまな大会で結果を残したことで、五輪出場のチャンスが巡ってきたという感じでした。
太田 北京五輪ではメダルの獲得により、全国紙やスポーツ紙の一面扱いとなったので、多くの人にフェンシングを知ってもらうきっかけになったと思います。その一方で課題だと感じたのが、競技より「活躍した人」にスポットが当たってしまうことです。優秀な選手だからできたと思われるより、育った環境の結果であることをアピールしないと、フェンシングの普及につながらないと思っています。





		
勝つために必要なのは、明確な目標設定
新井 現役時代の太田さんは、世界を舞台に活躍されてきました。世界で勝つためには、何が必要だと思われますか。
太田 明確な目標を立てることです。それが明確であるほど、勝利に直結しやすいと言えます。例えばフルーレで勝負すると決めたら、そこに一点集中すること。他を選択しないことで、できることが見えてきます。また、世界レベルと自分のレベルを比べてみること。どれくらいの差があるのか、何年でギャップを埋めないといけないのか、具体的な項目として可視化することが大事です。これが明確になれば、あとは年や月、日割りで練習にあて、実行するだけの話。こうした「やるべきことを細分化」し、練習していけば勝てるようになるでしょう。自分が何をしなければならないのか、手順を追って考えればいいことで、みんな難しく考えすぎだと思います。
新井 明確な目標設定は大事ですね。私の場合、選手たちには「太田さんがメダルを取ってくれた。日本人でもメダリストは夢じゃなくなった。みんな、がんばろう!」と言っています。結果を残した方を目標にすると非常にわかりやすくなります。そういう意味では太田さんの存在が大きいと思います。
太田 もちろん、それも間違いではありません。目標設定には、いろいろな形があってもいいと思います。
新井 朝日大学のフェンシング部創設に関わって16年間、私は「大学日本一」を目標に、情熱を持って指導に当たってきました。今では監督とコーチが、私の意志を継いで現場でがんばっています。その結果、レベルが上がり、日本代表クラス級の選手が育つとともに、卒業生から五輪選手が輩出しています。
太田 新井さんが朝日大学で監督になられてから、所属している関西エリアのムードが急激に変わりました。毎日の練習を見て、試合に向けて一緒に歩んでいく。その正しい姿勢を貫いているのは、関西で唯一、全国でも数校ではないでしょうか。これからも、このままがんばってほしいと願うばかりです。
10年後には、競技人口を5万人にすることが目標
新井 日本フェンシング協会会長に就任されましたが、フェンシングの普及に向けてどのようにお考えでしょうか。
太田 短期目標としては、東京五輪・パラリンピックでフェンシング会場を満席にすることです。開催期間9日間で、合計で13 万人から14 万人の動員をめざすことになります。現在、目標の実現のため、何をすべきかを明確にしているところですが、その一つとして五輪開催までに「どれだけタッチポイントをつくるか」が必要だと思っています。
新井 タッチポイントとは、どのようなことでしょうか。
太田 フェンシングに触れる機会を増やすということです。ルールがわからなくても、来場した方たちの8割が「楽しかった」と思える大会やイベントの開催、さらに会場の華やかな演出も必要です。場合によっては、音楽イベントとのコラボもあり得ると思っています。
新井 フェンシングには魅力があるので、触れるきっかけがあればファンが増えるのではないでしょうか。
太田 10 年後には、フェンシングの競技人口を5万人にしたいと思っています。この場合、心から選手を応援する方、健康維持のためにフェンシングを選んだ方なども含まれています。これまでは五輪をめざす競技スポーツという志向が強くありました。今後は、それだけではなく愛好者も取り込むよう、協会として取り組むべきだと考えています。
新井 大学時代からMVP制度をつくるなど、太田さんは人を取り込んで企画を実現されてきました。フェンシング界が盛り上がることに期待しています。

東京五輪後は、選手を応援する文化を根づかせたい
新井 2020年に向けて、朝日大学の総監督という立場で何らかの形で五輪に関わりたいのが私の思いです。同時に朝日大学から東京五輪に、選手が輩出することを強く願っています。そのためには、大学日本一をめざすことが課題です。
太田 東京五輪を通じて、フェンシングの普及につなげたいとの思いがある一方で、がんばっている選手を応援できる文化を根づかせたいと考えています。選手が輝くためには、観客の温かなエールが必要不可欠です。だからこそ、東京五輪をきっかけに観戦マナーを向上させることで、日本に応援する文化を残していけるのではないでしょうか。
新井 確かに応援する文化が育てば、フェンシングは盛り上がりそうですね。今後も太田さんの会長としての活躍に期待すると共に、私たちもできることを推進したいと思います。本日はありがとうございました。
太田 ありがとうございました。

ページトップに戻る