ACCOUNTS【会計研究部】

公認会計士試験に21名が合格。会計を通して「人間力」を育てる。

 公認会計士とは、我が国における会計のプロフェッショナル資格。合格率約10%の難関試験を突破するには一流のアスリート同様、狭く厳しい道のりを歩んでいくことが求められる。2017年には公認会計士試験で本学会計研究部から6名が合格。
 会計研究部は確かな指導力を持ち、第一線で活躍する現役公認会計士をコーチに迎えて学生を指導している。集中して学習できる個別ブース型スペースを確保するほか、岐阜県高等学校商業校長会と連携協定を結び、高校と大学との7年間で公認会計士試験に挑戦し合格可能な教育システムを構築している。
 会計を通じて社会貢献するという強い志があれば、試験合格は通過点。むしろ大切なことは、会計の学習を通して「人間力」を身に付けることである。
 人間力とは、どんな困難があっても、それを乗り越えていこうとする力。単に知識を身に付けた会計のプロではなく、人間力を備えた会計士になることで、社会に貢献することができるのだ。そのためには、学生自身の努力が最も重要であることは言うまでもない。
 人間力の養成は、本学の建学の精神の具現化にほかならない。公認会計士試験合格という目標を超え、社会へ、世界へ、志を胸に羽ばたく会計人が、ここからどれだけ生まれるのか楽しみだ。

指導体制

  • 監督

    小島 一富士

    朝日大学客員教授/中央大学商学部卒業/公認会計士

    部   長森下 伊三男
    副 部 長青木 要介
    コ ー チ岡本 進
    コ ー チ関口 高弘
    コ ー チ森 直也
    マネージャー伊藤 真弓

部員構成

部員数/ 51名(公認会計士クラス41名・日商簿記1級クラス10名)
主 将/井上 涼(県立岐阜商業高校 卒業)

部員の主な出身高校

県立岐阜商業22名/大垣商業5名/東濃実業2名/関商工2名/中津商業2名/豊橋商業2名/金沢商業2名/八重山商工2名/土岐商業1名/市立岐阜商業1名/大垣養老1名/海津明誠1名/岐阜各務野1名/武義1名/一宮商業1名/津商業1名/城南静岡1名/武生商業1名/熊本商業1名/北部農林1名

卒業後の主な進路

新日本有限責任監査法人/有限責任監査法人トーマツ/PwCあらた有限責任監査法人/有限責任あずさ監査法人/税理士法人いび会計センター/税理士法人鶴田会計/税理士法人創経/山田会計事務所/足立総合経営研究所足立会計事務所/北斗中央税理士法人/柴田会計/かがやき税理士法人/岐阜県高等学校教員(商業)

各種試験の結果

▼公認会計士クラス
平成26年公認会計士試験短答式試験/9名合格
     公認会計士試験論文式試験/2名合格
平成27年公認会計士試験短答式試験/7名合格
     公認会計士試験論文式試験/5名合格
平成28年公認会計士試験短答式試験/11名合格
     公認会計士試験論文式試験/ 8名合格(含む大学院研究生2名)
平成29年公認会計士試験短答式試験/9名合格
     公認会計士試験論文式試験/ 6名合格(含む大学院研究生2名)
平成27年度第65回税理士試験科目試験 簿記論/8名合格
                    財務諸表論/11名合格 
平成28年度第66回税理士試験科目試験 簿記論/5名合格
                    財務諸表論/8名合格  
平成29年度第67回税理士試験科目試験 簿記論/8名合格
                    財務諸表論/7名合格
▼日商簿記1級クラス
平成27年度日商簿記検定1級/6名合格
平成28年度日商簿記検定1級/10名合格
平成29年度日商簿記検定1級/3名合格
平成27年~平成29年度全経上級試験/13名合格

問い合わせ先

副部長/青木 要介 
TEL/058-329-1179(学事二課)
E-mail/yaoki@alice.asahi-u.ac.jp

年間活動内容

4月~5月
公認会計士短答式本試験
6月
TAC簿記チャンピオン大会
日商簿記検定1級試験
7月
全経上級試験・保護者面談
8月
税理士試験・公認会計士論文式本試験・強化合宿
9月~10月
監査法人見学・監査法人研修
11月
TAC簿記チャンピオン大会
日商簿記全国大会「簿記-1グランプリ」・日商簿記検定1級試験
12月
公認会計士短答式本試験
1月~3月
全経上級試験・集中ゼミ


ページトップに戻る